絵本のおススメ『あつかったら ぬげばいい』

リフレーミングを学べる1冊

リフレーミングとは、
事実に対して与えている意味づけを変え、
異なる見方で捉え直すこと。

図書館で借りたけど、好き過ぎて買っちゃうかも。
「ふとっちゃったら なかまをみつければいい」
「せかいが、かわってしまったら
じぶんもかわってしまえばいい」
がハマった!

「たたかうことを もとめられたら」
の続きは、絵本でお楽しみ下さい♪

ヨシタケシンスケさん、
日本で絵本大賞を毎年受賞されているだけでなく、
2019年ニューヨーク・タイムズ最優秀絵本賞を受賞。
海外からも認められているんですよ!
今年の8月に出版された手のひらサイズの新作。
是非、手にとってみて下さい。

大人気絵本作家
ヨシタケシンスケ

『あつかったら ぬげばいい
白泉社

 

 

 

 

 

 

 

 

月に150冊読む中の厳選図書紹介

元塾講師、予備校で2300名以上の親子指導経験あり
中高国語・司書教諭免許持ち
ひさかたチャイルド 家庭で賢く育てる主宰 苅部世詩絵

 


【10歳までのお子さんのママへ】

怒る育児からの脱却法&

具体的勉強法など読むだけで賢くなる無料メルマガ


中学受験用ポスター

苅部世詩絵です(詳しいプロフィールはこちら)。家庭で賢く育てる!という教育的なテーマを取り扱う講座を開催している私ですが、実は、数年前までは、子どもに手をあげる育児をしてしまっていました。

なぜ、そんな育児をしてしまっていたのか?
怒ってしまう育児から脱却した方法とは?
そして、今は家庭円満。その秘訣とは?

家庭で賢く育てるための勉強法・ドリル情報など具体的方法を、 メールレターでお送りしています。

これから激変するAI時代だからこそ、子どもを「輝く人財に育てたい」と思っている10歳までのお子さんのいるお母さまのお役に立てたらと思います。 どうぞ、こちらからご登録ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA