絵本のおススメ『らくごえほん ごんべえだぬき』

 

【 社会×国語 中学受験塾がこぞって紹介する絵本とは? 】

落語絵本。

落語の成り立ちは江戸時代。

町人や武士の暮らしが絵で学べ
歴史学習の入り口にぴったり🌟

「おもての戸」
「お開き」
「達者」
「おきゅうをすえる」

日常では耳にしない
慣用句や語彙がいっぱい✨

著者は川端誠さん
落語絵本を日本で一番多く出版👑
絵本にっぽん賞受賞作家でもあります。

 

『らくごえほん ごんべえだぬき』
川端 誠 (著, イラスト)

 

「このオチ分かる?」

親が説明すると
子どもの理解力UP🔺
(幼児・低学年向け)

子どもに聞くと
子どもの説明力UP🔺
(中学年以上)

読み聞かせ後の親子の会話は
子どもの表現力UPに。

子どもが感想を表現しきれない時は
お母さんが感想を言うだけで👌✨

「この顔、面白いね」だけでも
子どもの視点は広がります♪

 

中高国語・司書教諭免許持ち
元塾講師が厳選した
会話が弾む絵本・児童書・ドリルを
年長~小6
各学年5冊ずつリストアップ📚

『全35冊の図書リスト』をLINE登録で🎁

LINE登録は↓
https://line.me/R/ti/p/%40bbx4977q

 

 


【10歳までのお子さんのママへ】

怒る育児からの脱却法&

具体的勉強法など読むだけで賢くなる無料メルマガ


中学受験用ポスター

苅部世詩絵です(詳しいプロフィールはこちら)。家庭で賢く育てる!という教育的なテーマを取り扱う講座を開催している私ですが、実は、数年前までは、子どもに手をあげる育児をしてしまっていました。

なぜ、そんな育児をしてしまっていたのか?
怒ってしまう育児から脱却した方法とは?
そして、今は家庭円満。その秘訣とは?

家庭で賢く育てるための勉強法・ドリル情報など具体的方法を、 メールレターでお送りしています。

これから激変するAI時代だからこそ、子どもを「輝く人財に育てたい」と思っている10歳までのお子さんのいるお母さまのお役に立てたらと思います。 どうぞ、こちらからご登録ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA