絵本のおススメ『ぐりとぐら』

【 記憶は曖昧 ぐりが赤だと思ってました 】

 

『ぐりとぐら』
なかがわりえこ と おおおむらゆりこ
福音館書店

 

全国学校図書館協議会選定図書
厚生省中央児童福祉審議会特別推薦図書
中川李枝子さんと大村百合子さんは実の姉妹。

1963年に発表されたこの作品。

子どもの頃より、親になった今の方が読みます。

あれは、何の卵なのか。
どうやって、ボウルに入れたのか。
ぐりとぐらは何歳なのか。
その関係は兄弟?友達?
自分なら卵の殻で何を作る?

会話することで思考力が高まります。

 

私がおススメするのは、
月に📚150冊以上読む中のからの厳選📕。

家庭で賢く育てる主宰
賢く起業オンラインサロン主宰
苅部世詩絵


【10歳までのお子さんのママへ】

怒る育児からの脱却法&

具体的勉強法など読むだけで賢くなる無料メルマガ


中学受験用ポスター

苅部世詩絵です(詳しいプロフィールはこちら)。家庭で賢く育てる!という教育的なテーマを取り扱う講座を開催している私ですが、実は、数年前までは、子どもに手をあげる育児をしてしまっていました。

なぜ、そんな育児をしてしまっていたのか?
怒ってしまう育児から脱却した方法とは?
そして、今は家庭円満。その秘訣とは?

家庭で賢く育てるための勉強法・ドリル情報など具体的方法を、 メールレターでお送りしています。

これから激変するAI時代だからこそ、子どもを「輝く人財に育てたい」と思っている10歳までのお子さんのいるお母さまのお役に立てたらと思います。 どうぞ、こちらからご登録ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA